水たまりは希望を写している

絵も AI もできない僕が mimic 騒動に思うこと。

作成: / 更新:

まとめ

まず、mimic に関する騒動とそれ以外で切り分けたい。

あらかじめ言っておくが、mimic がやっていることは適法。騒がれている「勝手にアップロードして自作イラストであると主張されてしまう」という懸案事項があるが、勝手に人の作品をアップロードするのは機械学習に関する “以外の” 法に反するのでダメ。

だけど、ローカルで勝手に第三者のイラストデータを学習させて画像データを生成させるのはセーフ。論点は著作権法第三十条の四第一項第二号の

情報解析(多数の著作物その他の大量の情報から、当該情報を構成する言語、音、影像その他の要素に係る情報を抽出し、比較、分類その他の解析を行うことをいう。第四十七条の五第一項第二号において同じ。)の用に供する場合

e-Gov法令検索

の「多数の著作物」に「特定のイラストレーターのみのイラスト (複数)」が当てはまるかどうかだと思う。当てはまるかどうかにかかわらず、「不特定多数のイラストレーターのイラスト」を学習させて画像を生成させるのはセーフ

AI が絵を描くことの問題点は、以下のような点である。

  • 学習に使われる絵の権利と著作権者の感情的な部分
  • 絵描きという仕事がなくなるかもしれない

前者は、法での規制がない、というより法改正によって合法になっているので、ここら辺が変わらない限りどうしようもない気がする。作風やアイデアを著作権で保護するというのはかなり厳しいところがある。

後者は「そんなに悲観的にならなくても良いんじゃない?」とでも言っておこうか。そう思うのであれば、「AI を使う側の絵描き」になれば良いんじゃないかな。

イラストレーターさんが今回の騒動を経て「AI 学習禁止」なんて発言してるけど、この発言に効力はないので、何か行動を起こすのであれば法改正の方が良いと思う。

法律の問題ではない

「○○っぽい」とか「○○風」というのは、著作権が保護する範囲のモノではない。だからイラストを学習した AI が画像を生成したとしても、法的には問題がない。

が、そういう話ではない。

イラストを学習済の AI が、本人の活動を脅かすほど高精度で高クオリティだった場合、本人からしてみれば、その AI が憎たらしくて仕方ないだろう。しかし、「その AI が本人の活動にどのくらい影響を与えたか」というのを具体的な数値で出すことは難しくて、現行法では裁けない。本人は泣き寝入りするしかなくなる。

つまるところ、これはもう、モラルの問題である。包丁を料理に使うか人を刺すのに使うかはその人の良心に基づいているし、3D プリンターで銃を作るかどうかも、その人の倫理観の問題1もちろんバレたら捕まるけど。である。

……もちろん mimic はオンラインサービスであり、第三者のイラストをアップロードするのは送信可能化権侵害にあたるので、絶対にやってはいけない。

AI は絵描きを殺すか?

最古のカメラ写真といわれている、『ル・グラの窓からの眺め

結論を先に言うと、AI が絵描きを殺すことはないと思っている。

絵にはかなり長い歴史があって、写真などの比較的歴史がありそうな近いものと比べても断トツに長い。写真技術が実用的になった 19 世紀後半に、絵描きは滅んだか? と言われればもちろんそんなことはなかったし、デジタルカメラがある今でも、絵描きは滅んでいない。写真が普及し始めた時期に「絵が廃れてしまう!」と危惧していた人も居たかもしれないが、実際にはそうはなっていない

絵には絵なりの魅力があるから今日まで絵という文化があるわけで、ひとつやふたつの技術革新で消滅するような文化ではない。だから、お絵かき AI がどれだけ発達しても、人の手で絵を描くという文化・仕事がなくなるとは考えられない

絵でコト・モノを表現するという本質的な部分は永久に変わらない

窓を叩いて人を眠りから起こす仕事、ノッカー・アッパーの写真。Nationaal Archief による。

かつては、窓を叩いて人を眠りから起こす仕事、というのがあったらしい。もちろんこの仕事は目覚まし時計が普及するタイミングでなくなってしまったわけだが、目覚まし時計が行っているのは「人を起こす」ことであって、やっていることは本質的には変わらない窓を叩くという仕事はなくなったが、目覚まし時計を作るという仕事は増えた。「人を起こす」でいえば、目覚まし時計以外にも自動起床装置なんてものもある。

もし仮に (仮の話ですよ)、「絵を学習させて絵を生成するのが当たり前になる時代」になったとしても、指示内容 (プロンプト) を組む人、ベースとなる画像を描く人、生成後のデータを加工してクオリティを向上させる人も必要になってくる。「イチから絵を描く人」は居なくなってしまうが「絵を出力・仕上げる人」というのは居るわけで、「絵でなにかを表現する」という本質がなくなる訳ではない。淘汰といえば聞こえが悪いが、新時代のイラストレーターといえば良いように聞こえるな。

……まぁこうなる未来もあるよね、って話。前節で言ったとおり、人の手による絵には固有の良さがあるのだから、こんな未来になるとは思わないけど。

  • 1
    もちろんバレたら捕まるけど。
ブログ記事を共有 他の人にこの記事を共有