水たまりは希望を写している

iPad と Galaxy Tab、どっちがおすすめ? 両方使ってわかったメリット・デメリット

作成: / 更新:

日本のタブレット市場というのは、今までは iPad シリーズ一強であったが、7 年ぶりにハイエンド Galaxy Tab が販売され、必ずしも高性能タブレットとして iPad を選ぶ意味がなくなった。ここでは、iPad と Galaxy Tab を両方使ってきた筆者が、それぞれのメリット・デメリットを挙げ、どのような利用用途に向いているかを紹介する。

iPad がおすすめな人

  • ゲームがメインの人
  • Mac や iPhone との連携を重視したい人
  • 絵を描きたい人 (Galaxy Tab も適正アリ)

Galaxy Tab がおすすめな人

  • 動画視聴がメインの人
  • 絵を描きたい人 (iPad も適正アリ)
  • ノート取りがメインの人
  • 複数人で使いたい人、1 つのアプリを複製して使いたい人

ゲームがメインの人 : iPad

様々なメーカーが様々なモデルを出している Android タブレットより、数が限られている iPad シリーズの方が比較的ゲームが安定して動作することが多い。そのため、ゲームがメインの人には iPad をおすすめしたい。

60 fps より高いフレームレートで動作するゲームに関しては、120 Hz 対応の iPad Pro 以上のモデルを買う必要があるので注意。Galaxy Tab は無印モデルから 120 Hz に対応しているので、価格差が呑めないのであれば Galaxy Tab を選んでも良いと思う。リアルタイム性が高くなければ Galaxy Tab でも問題はない

Mac や iPhone との連携を重視したい人 : iPad

当たり前だが、Apple 製品との連携は iPad 一択。AirDrop が最大のメリットだろう。Mac のサブディスプレイになる (Sidecar) とか、マウスがどの製品でも使える (ユニバーサルコントロール) とかそういう機能もあるが、どうせ使わなくなるというのがオチ。Apple 製品間のファイル共有が楽というのが最大のメリットと考えてよい。

プラットフォームを問わないファイル共有アプリというのが各種 OS で出ているが、OS に組み込まれた機能ではないのでシームレスさは AirDrop に劣る

絵を描きたい人 : iPad か Galaxy Tab

Apple Pencil1iPad で使えるペン。別売。 も S ペン2Galaxyのスマホやタブレットで使えるペン。Galaxy Tab シリーズは同梱している。も、どちらもよく出来ていて完成度が高い。通常の画面操作からお絵かきまで難なくこなせる優れものだ。どちらかというと、S ペンはワコム製なので、デジタル絵描きは S ペンの方が使いやすく感じるかもしれない

iPad の場合は Pro 以上のモデルを選ぶべき。120 Hz ディスプレイはペンの追従性が段違いなので。

アプリの機能に OS 間の違いはほぼないので、あとは画面のアスペクト比、とか、ペンのボタンはタッチか物理か、などの好みで選んでいいと思う。

動画視聴がメインの人 : Galaxy Tab

左 : 16 : 10 な Galaxy Tab / 右 : 4 : 3 な iPad

iPad のアスペクト比は 4 : 3 または √2 : 1 だが、Galaxy Tab は 16 : 10 で一般的な動画のアスペクト比 16 : 9 に近い。故に Galaxy Tab は動画視聴の際黒帯の面積が少なく iPad よりも観やすい。16 : 9 より縦に少し長いこともあり、 4 : 3 の動画もある程度大きく表示されるのも良い。

ノート取りがメインの人 : Galaxy Tab

大学や会社にてノート取りとして使いたいのなら、僕は積極的に Galaxy Tab をおすすめしたい。Apple Pencil のペン先は固く、「コツ、コツ」と普通の筆記用具では鳴らない音が鳴るので耳障り。S ペンのペン先はゴムなのでそのような音が鳴らない。絵描きの節でも述べたように、ワコム製なので書き心地も良好。ペン先が細いので細かな文字も書きやすい。

左上 : ダークモード時の表示 / 右下 : ライトモード時の表示

また、ノートアプリも使いやすく、Galaxy Notes (Samsung Notes) は Galaxy 専用なのがもったいないくらいのレベルで最強。このノートアプリの弱点をあげるとすれば、Galaxy スマホと Windows でしか同期ができない点だろうか。Windows はともかく Galaxy でしか閲覧できないのがつらい。金を出すからほかの Android 端末でも使わさせてほしい。一番のお気に入り機能はダークモードとライトモードで配色が上手く切り替わること。日頃書くときはダークモードで、人に見せるときはライトモード、という使い方ができる。

複数人で使いたい人、1 つのアプリを複数使いたい人 : Galaxy Tab

Android にはマルチユーザー機能があり、Galaxy Tab も同様にその機能が使えるようになっている。パソコンにユーザーアカウントを複数作るのと同じ要領で、タブレットを安全に複数人で使うことができる。別ユーザーで子供に使わせれば、知らないうちに変なアプリを入れてしまう、とか、勝手に課金してしまう、といったトラブルを未然に防ぐことができる。

また、セキュリティフォルダという機能も実装されていて、実質 1 つのアプリを 2 つに複製して使うこともできる。プライベート用とネット用でアプリを使い分けるとか、セキュリティフォルダ内のアプリは仕事用にするとか、そういった使い方ができる。

まとめ : Apple 製品間の連携を重視しないのなら Galaxy Tab が強い

Apple 製品間の連携を必要としないのなら、総合力でいえば Galaxy Tab が強い。Apple Pencil が登場する前から S ペンを育ててきただけあって、ペンの使い心地は素晴らしい。

「Android タブレットは UI の最適化が行われていないからダメ」という意見が多いけど、iPad も最適化されていないアプリなんていくらでもあるので、正直どっちも大差ない感じはする。開発者のやる気次第。PWA 対応が進んでるだけマシかな……。

僕はスマホ・タブレットでゲームをそこまで遊ばない。ノートと動画視聴、アプリクローンの為に Galaxy Tab を選んだ。結果としては、概ね満足している。僕はデバイス間の連携より、単体でいろんな事ができる方が好きなので、機能性が高い Galaxy Tab の方が適性があると思う。iPad は Apple 製品との組み合わせによってポテンシャルが発揮される製品なので、それとは真逆のものだといえる。どっちが適しているかは、各個人の所有しているデバイスによって変わってくるので、どちらかに決めつけて「これ!」とは言わないが、必ずしも iPad を選ぶ必要性はない、ということが分かったのが新たな発見だった。

  • 1
    iPad で使えるペン。別売。
  • 2
    Galaxyのスマホやタブレットで使えるペン。Galaxy Tab シリーズは同梱している。
ブログ記事を共有 他の人にこの記事を共有