水たまりは希望を写している

Galaxy Note10 Plus の明るさ調整がアホという話。

作成: / 更新:

Galaxy Note10 Plus の明るさ調整が、すごくアホである、という話。Note8、Note10 Plus と乗り換えてきたので他のシリーズに言えるかどうか分からないけど、もしかしたら One UI 2.1 自体のバグなのかもしれない。

ロック解除時に明るくなる

低輝度時に、ロック画面を表示すると明るくなってしまう。顔認証のため、ロック画面の明るさを上げるというオプションがこの端末にはあるけど、それをオフにしていても明るくなってしまうんですよね。もちろん、低輝度時なので周りも暗く、その状態で画面の輝度が上がるわけですから目につらい。

これは One UI 2.0 のときには発生してなかったと思うので、アップデートによる影響かな……と思います。これは確率で発生するので、まぁなんとか耐えれます。ちなみに電源ボタンを押してロック画面を表示したときは、この不具合は発生しません。画面のダブルタップ、または持ち上げ動作による (こちらは未検証) スリープ解除で発生します。

ゲーム中明るさの自動調整が効いてしまう

Galaxy シリーズには、Game Tools という機能があって、ゲーム中の通知の抑制や便利な機能を提供してくれる。その便利な機能の中に、「明るさ自動調整のブロック」というのがある。端末を横持ちすると、照度センサーに手が当たってしまい、暗くなってしまうのを防ぐためだ。

なんだけど、オンにしても上手く動作してくれない……。基本的には、しっかりブロックしてくれるんだけど、5分ごとくらいにブロックをバイパスして (!) 明るさ自動調整を発動してしまう。これ、音ゲーとかプレイしてるときにすごくつらい……。結局、数曲終わる度に通知シェードから明るさ調整してますからね。こちらは One UI 2.1 から発生する不具合かどうか分かりません。ただ、確実に Note8 を使っているとき (One UI 1.0) では発生してなかったです。


One UI 2.x 系は前バージョンから全ての面において進化していて、完成度も高いのは間違いないんですが、ちょっと不具合が目立つかな……って思うことが何度もあります。2.5 か、3.0 (Android 11?) で改善されたら良いなぁ。ついでに TWS+ の対応もお願いしますサムリニンサン。

ブログ記事を共有 他の人にこの記事を共有