水たまりは希望を写している

OxygenOS 12 Beta 2 がリリース! 国内 VoLTE 対応はそのまま、目立つ不具合が解消

作成: / 更新:

OnePlus 9 / 9 Pro 向けに OxygenOS 12 Beta 2 がリリースされた。Beta 1 ではすごくバグいとフォーラムでも不満の声が多かったが、Beta 1 で発生していたほとんどの不具合は Beta 2 で解消されている

Beta 1 から Beta 2 へのアップデートは OTA にて行われる。僕は「アップデートをチェック」ボタンを何度か押したところ、アップデートが降ってきた。アップデートのファイルサイズは 692 MB (LE2115)。

チェンジログを和訳すると大体こんな感じ。

  • ステータスバーのなめらかさを最適化
  • バッテリーの消費と充電を最適化
  • ステータスバーにアプリの通知アイコンが表示されない不具合を修正
  • 画面輝度の自動調整に失敗する不具合を修正
  • ウィジェットの表示が変になる不具合を修正
  • Notes アプリでクラウドサービスが開けない不具合を修正
  • セキュリティパッチの更新
  • システムの安定性を向上
  • カメラアプリの安定性を向上
  • ステータスバーに Bluetooth イヤホンのバッテリー残量が表示されない不具合を修正

気になっていた不具合がほとんど解消

上記の通り、既知の不具合が大量に修正されている。特に気になったのがステータスバーのカクつきで、Beta 1 の頃は通知シェードを動かすとカクカクしていた。特に開くとき・音楽を再生しているとき (Media Controls) が酷かった。Beta 2 では改善され、通知シェード自体のデザインが見直されている

しかしまだ改善の余地がある。輝度スライダーは不自然なアニメーションをするし、アーティスト名が長いと Media Controls の表示が崩れる。

ステータスバーにアプリの通知アイコンが表示されない不具合も修正された。メッセージの通知に気づかず返信に遅れることが何度もあったのでこの改善はありがたい。

既知の不具合として挙げられていなかったが、Games アプリが全く使えない不具合 (おま環かも) も Beta 2 で直っている。ゲームツールも使えるようになった。何故か Twidere をゲームとして認識するのは 11 から引き続き変わっていない。OnePlus 社は Twitter をエクストリーム・eスポーツとして認識しているのだろう。長押しで削除できるが、Games アプリをタスクキルすると復活してしまう……。

国内キャリアの VoLTE 対応は継続

ColorOS との統合のおかげで、OxygenOS 12 からは日本国内の VoLTE に対応している。Beta 1 に引き続き、Beta 2 でも変わらず VoLTE が使える。主要 MNO / MVNO の APN も入っているので SIM カードを挿すだけで通話・通信が可能になる。

直ってない不具合もあるので Beta 3 に期待

残念ながらまだ不具合が残っていて、安定版にはほど遠い。「開発者向けオプションで『権限の監視を無効化する』にチェックを入れるとぼかし効果が変になる」という不具合は Beta 2 では直ってない (フィードバック済)。ロック解除画面がやや左に偏るというおもしろい不具合も追加された。Beta 3 に期待しよう。まだ市場に出せるクオリティにはなってないので、安定版リリースは 12 月、もしくは来年になるかなぁ……?

ブログ記事を共有 他の人にこの記事を共有