水たまりは希望を写している

このブログのドメインが Twitter からブロックされた話

作成: / 更新:

ドメインブロックが発覚するまでの話

僕はウェブサイトへの言及を常に TweetDeck 上でエゴサーチしていて、url:aioilight.space というクエリで確認している。1 日に 1 回程度共有ツイートされていたが、いつからか検索結果の流れがパタリと止まってしまった。そのときは特に何も思わなかったけど、僕がブログを更新し報告ツイートをしようとしたところ、送信時にエラーが出て投稿できず、このタイミングでドメインブロックされていることに気づいた

これがそのエラー。TweetDeck じゃなくてどんなクライアントでもこのブログのリンクを含むツイートを送信できなくなってしまった。ウェブページにアクセスしてくる一定数は、ソーシャルメディアからの流入なので、リンクが共有されなくなると言うのは痛い1実際、Twitter 含むソーシャルメディアからのアクセスは半減した。

しかも、リンクが共有できなくなるだけでなく、(過去に共有された) リンクをクリックすると「このサイトはヤバイかも!」という警告まで出てくるようになった。こんな画面が出てしまうとほとんどの人は閲覧をやめてしまうので、もはや Twitter 社が殺しに掛かってきているのと変わりない

ブロック解除の申請をしたいのに

軽く調べたところ、Twitter のドメインブロックは「異議申し立て」ができるようで、「Twitter 上での信頼性」というページから申請することができる。

……が! いくらやっても「そんな URL は Twitter 上に存在しないが?」と怒られてしまう。もちろん過去に投稿された URL を貼り付けているので、絶対に存在するはずなのだが。トップページの URL を使用したり http 抜きにしたりしてもダメだった。仕方ないので、他のフォームを使用して報告するしかない。たらい回し不可避。

1 回目の返答

別のフォームを使用して報告した。ついでに「Twitter 上での信頼性」フォームが使えないことも書いておいた。するとこのような返答をもらった。

イヤイヤ、フォームが使えないなら放置するなよ……。せめて使えないことの旨と代わりのフォームへのリンクがフォームに貼られていたらこのやりとりをしなくて済んだのに。しかも「本題はもう一度フォームで送り直してください」と。5 営業日くらい無駄にした。もちろんさっさと正しいフォームで報告した。

報告するも返答がない、そこで

メールが返ってきた後、すぐにフォームで送り直したが、1 週間ほど経っても返答がなかった21 回目のメールに返信してみたが、「この問題は既に解決されたから別件は新たに送信し直してね」という旨の自動返信メールが即時で返ってきた。。もちろん、この間もドメインはブロックされたままである。

そこで、「Twitter 上での信頼性」フォームを、他の人にも送信させることにした、Twitterのアカウント凍結を無理矢理させる方法と同じで、複数のユーザーが行動を起こせば何かが変わると睨んだからだ。

ということで、報告の仕方をまとめた文章を作り、何人かにしてもらった、12 アカウントほど3一部の人が複数アカウントを使用し報告している。に報告してもらったところ、なんと 1 日経たないうちにドメインブロックがなくなった。これ本当に手動で解除してる? 一定数報告が来たら解除するとかそういう横着なシステムになってない?

まとめ

数は力。

追記 : 再びブロックされた件

ブロック解除されてちょっと経ったある日、再びブロックされるようになった。は~クソ。何が悪いのか開示されないから、こちらから解決するのがほぼ 100 % 不可能である。マジでたちが悪い。サ終しろ。

再び解決 : Twitter 広告に凸

Twitter に直接連絡する方法は存在しない。が、Twitter 広告には専用のフォームが設けられており、広告に関することはここから連絡することができる。ブロックされている URL を含むツイートは、Twitter 広告上で投稿しようとしても失敗するので、その旨を記述した問い合わせを送信する。

このように書いた。しばらくすると自動送信メールのようなものが届くので、それに返信する。

そうしたらこのようなメールが送られてきた。Twitter 広告のサポートはこちら側の不具合を疑っているようだが、僕がこのメールを確認した時点でドメインのブロックは解除されていた

Twitter 広告はお金が動くので、Twitter も対応せざるを得なかったのだろう。もはや裏技レベル。

まとめ (2)

金はすべてを解決する。

傍白 : 透明性のない規制に対する所感

現状、Twitter がどのようなアルゴリズムでドメインをブロックしているのかは分からない。サイトをクロールして、一定の基準に沿って判定をしているのか。あるいは、リンク付きツイートが何度も報告されると半自動的にブロックされるのか。仕組みがどうであれ、前振り無くブロックされたり、理由が開示されないのは気持ちが悪い。なんなら物量があれば私怨でブロックできちゃったりする可能性もある (アカウント凍結もそんな感じだし)。まぁ、元から「シャドウバンなんてない!」なんて抜かしたことを主張する Twitter なんだから、何も期待していないといえばそれまでだが。いざ自分に飛び火してきたら嫌すぎる。

  • 1
    実際、Twitter 含むソーシャルメディアからのアクセスは半減した。
  • 2
    1 回目のメールに返信してみたが、「この問題は既に解決されたから別件は新たに送信し直してね」という旨の自動返信メールが即時で返ってきた。
  • 3
    一部の人が複数アカウントを使用し報告している。
ブログ記事を共有 他の人にこの記事を共有