水たまりは希望を写している

プリンセスコネクト!Re:Dive の推奨スペックが上がる件について

作成: / 更新:

プリンセスコネクト!Re:Dive推奨スペック (推奨端末) が、2020 年 11 月 11 日のアップデートで変わるらしい。今までの推奨スペックとしては、Apple 製品なら A8 (iPhone 6 以降)、Android端末なら Snapdragon 810 以降が推奨スペックとされていた。

このボーダーギリギリの端末で実際にプリコネをしてみれば分かることだけど、正直推奨スペックとは言えないほど重いプリンセスフォーム系のユニオンバーストはカクカクするし、4 倍速にすれば紙芝居。ボタンのタッチ判定すらマトモに拾ってくれないくらい動作が厳しい……。

ということもあり、運営も推奨スペックの引き上げと、推奨端末の追加を行うっぽい。2018 年以降の端末がまったく追加されていないので、良い判断だと思います。

お知らせページを観れば分かるけど、今回推奨端末から外れる予定の Apple 製品は SoC が A8、A9、A10 で、端末名は挙がってないけど SoC を考慮すると iPhone 6s、 iPhone 7 も厳しいところ。Android端末では、Snapdragon 810, 820, 835 を搭載した端末が推奨端末から外れている。確かに Snapdragon 835 では 4 倍速にすると操作に支障のあるレベルでカクカクするので、順当と言えば順当ですかね。また、各 OS の最低バージョンも iOS 12 と Android 8 (Oreo) に引き上がっていますが、これについてはほとんどの端末が条件を満たしていると思うので、問題無いでしょう。

もちろん、推奨スペックを満たしてなくてもプリコネを起動して遊ぶことはできますが、快適に遊べる、とは言いがたいですし、公式のサポートもすこし雑になります (経験済み)。

今のところ僕は Snapdragon 855 で快適に遊べてますけど、このゲーム、見た目は 2D なのに要求スペック高すぎなのでは……ハイエンド SoC 以外お断り感ありますよね。内部でゴリゴリ 3D なので、仕方ないのかな……。

たぶん新コンテンツの伏線ではない

今回の推奨スペック引き上げに関しては、今までのコンテンツ追加による負荷の増加によるもので、「新しいコンテンツ公開するから変えるよ」という雰囲気ではないですね。常時 60fps オプションは欲しいけど。

ブログ記事を共有 他の人にこの記事を共有