水たまりは希望を写している

Premiere Pro で 60 fps を超えるシーケンスを作る

作成: / 更新:

Premiere Pro で 60 fps を超えるシーケンスを作りたい。

シーケンス作成・設定のダイアログからでは、最大のフレームレートが 60 fps でそれを超えるシーケンスを作ることができない。

しかし、n fps な動画をプロジェクトに読み込み「クリップに最適な新規シーケンス」することで、n fps なシーケンスを作成することができる。n fps ちょっきりなソースがあるならそれを使っても良いし、手元にないのであれば OBS Studio の設定でフレームレートを設定して録画しても良い (OBS Studio はフレームレートを分数で指定できるので 120 fps も 144 fps も 119.88 fps も作ることができる)。

「クリップに最適な新規シーケンス」すると、その動画がそのまま入った n fps のシーケンスができあがる。シーケンス設定で他のフレームレートを選択すると戻せなくなるので注意。プレビューもしっかり高いフレームレートで再生できている気がします (かなりスペックの限界を感じる)。

このまま (残す用として) エンコードするなら、H.265 がおすすめ。H.264 だとプロファイルのレベルが高すぎるせいかハードウェアエンコード (NVENC) ができないので。これは余談だけど、RTX 3070 でハードウェアエンコードしたら H.265 なのにほぼ等速で書き出せたので感動した。NVENC による H.265 エンコードはクソ遅い印象あったけど……。世代を重ねて実用レベルに達したのだろうか? ともあれすごいぞ。

Premiere Pro さんは高フレームレートでも正しく動くんだから、もっと選択肢増やすか入力制にすれば良いのにねえ。

ブログ記事を共有 他の人にこの記事を共有