水たまりは希望を写している

Windows 10 のマウスポインターのサイズを微調整する

作成: / 更新:

Windows 10 バージョン 1903 からは、マウスポインターのサイズを変更できるようになった。ついでに形状も変更できるようになって、黒色とか、色が反転するポインターとかも選べるようになった。

けど、このサイズ調整が微妙で、1 が標準のサイズで、2 だとデカすぎる。1.5 くらいにしたいのに……。設定できる間隔は 1 ずつだ。

レジストリを弄ってサイズを微調整

「設定」アプリからは 1 ずつしかサイズを調節できないけど、レジストリを弄って微調整が可能なことが分かった。

レジストリ エディターで コンピューター\HKEY_CURRENT_USER\Control Panel\Cursors に移動する。

CursorBaseSize が、マウスポインターのサイズらしい。

「設定」アプリの 1 が CursorBaseSize の 32 で、2 が CursorBaseSize の 48 だった。僕はちょうど 1.5 くらいが良かったので、この値を 10 進数で 40 に変更した。

1 度サインアウトしないとこの設定は反映されないので、レジストリの編集が終わったらサインアウトする。

「設定」アプリで変更したらすぐにサイズが変わるので、Windows 内部に即時反映させる API があるのだろうか? ともかく、ちょうど良いサイズに変更できて満足。こんなことせずにアプリで微調整できたら尚良いんだけどなぁ。

ブログ記事を共有 他の人にこの記事を共有