水たまりは希望を写している

【縦タスクバー復活】Windows 11 のシェルを魔改造して使いやすく【Explorer Patcher】

作成: / 更新:

Windows 11 のタスクバー周りの退化が激しい。

デザインが刷新されて見栄えが良くなった、といえば聞こえは良いが、失ったものが多すぎる。ツールバーを配置できなくなったし、そして何よりもタスクバーを縦に配置することができなくなった。横長のディスプレイでできるだけ縦の領域を稼ぎたいというユーザーにとっては致命的だろう。

絶望した! 他のデスクトップ環境で当たり前のことができなくなって絶望した!

そこで「Explorer Patcher for Windows 11」の出番。Windows のシェルであるエクスプローラーにパッチをすることで、従来の “生産性のある” デスクトップを取り戻すことができる。Windows 11 PC があって、タスクバー周りに不満を抱いているのであれば是非試して欲しい。

注意点

  • Windows の中核にパッチするという性質上、自己責任で

Explorer Patcher for Windows 11 の導入

リポジトリの GitHub Releases からダウンロードする。dxgi.dll をダウンロードする。

これを C:\Windows\ にコピーする。エクスプローラーを再起動 (Windows を再起動してもよい) すると、この DLL ファイルが読み込まれ、パッチが始まる。この時点では Windows 10 のタスクバーは復活しない。

シンボル情報のダウンロードが始まるので、すこし待つ (環境に依る)。しばらくすると一度エクスプローラーが再起動されて、Windows 10 のタスクバーが復活する。このシンボル情報のダウンロードは Windows のビルドが変わるともう一度行われる。

Windows 10 のタスクバーが復活した! このようにタスクバーを左に配置することもできる。

詳細な設定

この Explorer Patcher for Windows 11 は単に Windows 10 のタスクバーを復活させるだけのものではない。詳細に Windows 11 のシェルを設定できるのだ。

(「プ」がアクセスキーになってる……)

Win+X キーを押して「プロパティ」をクリック。この画面でさらに詳細な設定が行える。

各設定項目の解説

※ 以下の表は バージョン 22000.194.25 の設定を元に作成している。* が付いているものはエクスプローラーの再起動が必要。

Taskbar – タスクバー

Enable missing system tray iconsWindows 11 で消えてしまったシステム アイコンを復活させる。
Combine taskbar icons on main tasker *Windows 11 で消えてしまったタスクバーの結合オプション。プライマリディスプレイの設定。
Always combine – 常に結合する
Combine when taskbar is full – タスクバーに入りきらない場合結合する
Never combine – 結合しない
Combine taskbar icons on other taskers *Windows 11 で消えてしまったタスクバーの結合オプション。セカンダリディスプレイ以降の設定。
Always combine – 常に結合する
Combine when taskbar is full – タスクバーに入りきらない場合結合する
Never combine – 結合しない
Disable Control Cente button *タスクバーのコントロール センターを開くボタンを消すかどうか。
Apply immersive style to system tray icon menus *タスクバーのトレイ アイコンのメニューを Windows 11 風にするかどうか。
Apply Windows 11 style to system tray icons *システム アイコンを Windows 11 風にするかどうか (StartAllBackX64.dll が必要)。

File Explorer – エクスプローラー

Disable immersive context menu *右クリックメニューを Windows 10 のスタイルに戻すかどうか。
Disable command bar *Windows 10 のリボン型メニューに戻すかどうか
Disable modern search bar以前の検索バーに戻すかどうか。
Hide search bar completely *検索ボックスを非表示にする。
Mica effect on title bar *タイトルバーに Mica (背景が透けるやつ) を適用するかどうか (StartAllBackX64.dll が必要)。

Start menu – スタート

Location on screen *スタートメニューの位置。
Center – 画面中央
Left – 画面左
Open Start to All apps by defaultスタートメニューの「すべてのアプリ」を開いておくようにするかどうか
Maximum number of frequent apps to show in Startよく使うアプリの最大表示数。

Advanced – 上級者向け

Enable console *デバッグ用のコンソール出力を有効にするかどうか。
Supplementary delay at logon *(よく分からない 多分デバッグ用?)

設定すれば、Windows 10 っぽいエクスプローラーに戻すこともできる。

アンインストールするには

あらかじめタスクバーを下にした状態で C:\Windows\dxgi.dllC:\Windows\dxgio.dll にリネームする。再起動してタスクバーが元に戻っていることを確認してから、C:\Windows\dxgio.dll を削除する。これでアンインストールできる。

まとめ

フィードバック Hub でもタスクバーを縦置きできるようにしろという要望が多数来てるので、いずれ復活するのではないかと思う。それまでこのパッチで堪えるしかない。10 のサポートが切れるまでに復活しなかったら泣く。

ブログ記事を共有 他の人にこの記事を共有