水たまりは希望を写している

日本版 Galaxy のカメラ無音化 (Android 11 も可)

作成: / 更新:

僕の今のメイン端末である Galaxy Note10 Plus (SCV45) を Android 11 にアップデートしたところ、Android 11 の仕様どおり、カメラアプリのシャッター音が強制的に鳴るようになってしまった。今までは、無音カメラや標準のカメラを無音化するアプリを使用することでシャッター音の無音化ができていたが、ついに AOSP で対策されてしまった。ちなみに海外端末に日本の SIM を挿してもダメらしく、こうなると端末をルート化してシャッター音を弄るしかない。

というのが今までの僕の認識だったけど、どうやら、Galaxy 限定で、端末をルート化せずにパソコン不要でカメラアプリのシャッター音を消すことができるようだ。

後述する方法でカメラを無音化すると、「どんなサウンドモードでもクソデカシャッター音が鳴る」というクソ仕様から、「サウンドでは小さくシャッター音が鳴って、バイブやミュートではシャッター音が鳴らない」という日本と韓国以外のスマホの仕様と同じになる

方法は2通りある。

  • 端末にアプリをインストールして、そこで設定を編集する
  • パソコンと接続して、ADB (Android Debug Bridge) で設定を編集する。

どっちもそんなに難しくない。やってること自体はどっちも同じ。結果も同じ。

実演動画。

アプリをインストールしてシャッター音の無効化

SetEdit (Settings Database Editor) を使用する。このアプリを使用することで、システムの設定データベースを変更することができる。

右上のドロップダウンが「System Table」になっていることを確認してから、リストから「csc_pref_camera_forced_shuttersound_key」を探す。

タップして、Edit Value を選択する。するとEdit Setting というダイアログが開くので、値を 1 から 0 に変更して、Save Changes をタップしてダイアログを閉じる。

後はカメラアプリを開いて、写真を撮ってみるだけ。

ADB (Android Debug Bridge) 使ってシャッター音の無効化

ADB が使える環境になっていることが前提条件。

端末の開発者向けオプションを有効化して、USB デバッグを有効化。パソコンと接続して、以下のコマンドを入力する。

$ adb shell
$ settings put system csc_pref_camera_forced_shuttersound_key 0

後はカメラアプリを開いて、写真を撮ってみるだけ。

Tasker で自動無音化

これにてサウンドモードがバイブまたはミュートの時は音が出ないようになったけど、サウンドモードがサウンドの時はシャッター音が(システム音量で)鳴ってしまうし、いちいちボタンを押してミュートにするのも面倒なので、自動化アプリである Tasker を使って「カメラアプリを開いたときに自動的にミュートにする」機構を作ってみる。もちろんこれは必須ではない。

カメラをトリガーにサウンドモードをサイレントにして、終了したら前のサウンドモードに戻るようにするとか。これならどんなサウンドモードでカメラを開いても、元に戻るので便利。

Bixby Routines で自動無音化

Tasker とほぼ同じことが Galaxy 謹製の Bixby Routines でもできる。

あんまり自由度は高くないけど……。Taker より簡単なので自動化入門にはぴったりかも。

シャッター音無音化確認済み端末

この方法でカメラのシャッター音無音化ができた端末を挙げてみる。

  • Galaxy Note10 Plus (SCV45, au, Android 11) ← @aioilight の現行端末
  • Galaxy Note8 (SCV37, au, Android 9)← @aioilight の旧端末
  • Galaxy Feel (SC-04J, docomo, Android 8) ← @izutorishima が一晩でやってくれました
  • (キャリア不明だが、実演動画のコメント欄でいろんな端末でできた報告アリ)

ググったら Android 5 時代から Galaxy にはこの方法があるらしく、まだ潰されてないので今後もこの方法で良さそう。

なんとなくわかると思うけど、設定の 0 が「シャッター音を通常のシステムサウンドと同じ方法で再生」で、1 が「シャッター音をシャッター音として再生 (ミュートや DND モードのバイパス)」です。

ブログ記事を共有 他の人にこの記事を共有