水たまりは希望を写している

プリコネR の常時 60fps+ 化

作成: / 更新:

プリンセスコネクト!Re:Diveはフレームレートが可変で、バトルとロード中のみ 60fps になる (フレームレート「高」のとき)。そのほかキャラ画面などは 30fps のままだ。スマホゲームなので可変フレームレートなのも仕方ないが、せめて PC 版くらいは常時 60fps で楽しみたい

ウマ娘には umamusume-localify があるが、プリコネR に似たようなものはなかった。自分で作ってみようとするも技術力がなく挫折。アプローチは違うが、プリコネR の常時 60fps+ 化の方法を解説する。

注意点

  • 単刀直入に言うと、やってることはメモリ改ざん
    • 利用規約的には、限りなく黒
  • ミニゲームの動作がおかしくなる (30 fps 前提で設計されているので)
  • フレームレートが向上するということは、本来できない挙動ができてしまう可能性がある
  • 間に合わないユニオンバーストが打ててしまう……?
    • クラバトやアリーナで使うのは控えた方がよさそう
      • 6 月のクラバトは 144 fps で遊んだけど、集計後スコアが下がるようなことはなかった
        • セーフ?
  • BAN されても知らないよ!!!

用意するもの

  • PC 版プリコネR
  • Cheat Engine
  • 愛と勇気 (そんなお年頃)

プリコネR を Cheat Engine に認識させるまで

Edit / Settings から、Extra のタブを開いて、上の画像と同じように設定する。

左上のボタンを押下すると、プロセス一覧のウィンドウが表示される、先ほどの設定が正しければ、「PrincessConnectReDive」の名前でプリコネR が認識される。

常時 60fps+ 化

タイトル画面で、値「30」を New Scan する (タイトル画面のフレームレートが 30 なので)。スキャンが終われば、左側にずらっとアドレスが表示される。

タイトル画面をクリックし、ゲームを起動する。ホーム画面に移動する前の「Now Loading…」画面で、値「60」を Next Scan する (ロード画面のフレームレートが 60 なので)。すると、左側のアドレス表示が 3 つから 4 つくらいに絞られる。この中の 6D0E367C 前後のメモリアドレスが、フレームレートを表す値になっている。アドレスは毎回変化するが、だいたいこの付近。

このアドレスをダブルクリックすれば、下のリストに追加できる。左の Active にチェックを入れて、Cheat Engine で制御できるようにする。値をダブルクリックして、値を 30 から固定したいフレームレートに書き換える。上の画像の場合、フレームレートは常時 144 fps になる。OK ボタンを押せば、プリコネR が任意のフレームレートで動作するようになる。

サンプル

ブログ記事を共有 他の人にこの記事を共有