水たまりは希望を写している

Android で Unity 製 (il2cpp) ゲームのフレームレート制限を回避する【UnityFPSUnlocker】

作成: / 更新:

動くアプリと動かないアプリ

C# (IL) から C++ に変換された Unity 製アプリだったら多分なんでも動くはず……なんだけど、実際の所実際に使ってみてフレームレート制限がなくなるかどうかチェックしないと分からない。

  • 動作確認が取れたアプリ
    • ウマ娘 プリティーダービー / デレステ / 太鼓の達人+
  • 動作確認できなかったアプリ
    • プリンセスコネクト!Re:Dive / ワールドフリッパー

動作しないゲームは Mono でビルドされてるから動かないのだろう。たぶん。

ここでは、ウマ娘 プリティーダービーを例としてフレームレートの制限を回避してみよう。

必要なもの

  • Android 端末 (Magisk で Root 化されていること)
  • Zygisk が有効な Magisk
  • Shamiko (Root 化を隠すために必要。Root 化を検知しないゲームならなくても良い)
  • UnityFPSUnlocker (zygisk_module_ で始まるファイルをダウンロードする)

Magisk モジュールのインストール

Shamiko と UnityFPSUnlocker をダウンロードして、Magisk アプリからインストールする。これで勝ったと思うなよー!

Shamiko の設定

Shamiko の設定をする。DenyList はオフにして、”DenyList を構成” をタップして Root 化検知を回避したいゲームにチェックを入れる。モジュール一覧で Shamiko を探し出して、説明文が “Shamiko is working as blacklist mode” になっているのを確認する。ゲームを開いて、Root 化が検知されることなく遊べたら OK。

UnityFPSUnlocker の設定

GitHub Releases から TargetList.json をダウンロードして、/data/local/tmp ディレクトリにコピーする。必要に応じて設定する。

framerateゲームに設定するフレームレート (数値)。
delayゲームを起動してからフレームレートを設定するまでの秒数 (数値)。
packages対象となるゲームのパッケージ名 (文字列)。配列。

設定が終わったら保存して端末を再起動する。

アプリを起動して、delay 秒後に設定通りのフレームレートになれば成功!

最後に

無駄なフレームレート制限をするな😡 120 fps でゲームさせろ😡😡😡

ブログ記事を共有 他の人にこの記事を共有